献血について

本日、久しぶりに献血ができました!
今年何回か行ったんですが、いろいろ数値的にNGだったため断られていました。
今日も断られるの覚悟の上だったんですが、大丈夫でしたよ。
良かった良かった。
献血は趣味なので、出来ると嬉しいですね。
ちなみに、ぼくは大体400ml抜かれてます。
O型なので、きっと大活躍してくれることでしょう。

冷静に考えると400mlって、けっこうな量ですよね。
350ml缶のグリーンラベルより50mlも多いんですもんね。
あとでちゃんとアルコールで埋めておこうっと。

献血っていい事したな~っていう自己満足があるんですが、個人的にはそれだけじゃないんですよね。
今まで身体に流れていた血が外に出て、キレイな血を作ってると思うと身体がキレイになったような気分になるんです。
気のせいか心までフワ~と軽くなるようです。
むしろ血を抜いてくれてありがとうという感謝さえあります。

さらに献血ルームに行けば、ジュースやお菓子があってマンガまで置いてあります。
ちょっとしたマンガ喫茶みたいなもんです。
まあ、献血ルームではあまりマンガ読まないんですけど。
あんまり読みたくなるようなマンガ置いてないんですよね。
今日もなんか適当にパラパラしただけでした。

前はけっこう読んでたんですけどね。
ちなみにデジラボに置いてあるバジリスクは献血ルームでちょっと読んで面白かったので、続きが読みたくて全巻買ったものです。
その前はテルマエ・ロマエが面白かったです。
テルマエ・ロマエは全巻献血ルームで読みました。
デジラボにも置こうかな、全巻がそんなに長くないのでサクッと読めるからちょうどいいんですよね。
献血ルームでサクッと読めるくらいのマンガはデジラボでもサクッと読めるから参考になるかも。
あと献血ルームに置いてあるマンガは健全なものが多いです(笑)
そこもデジラボと似てるな~。