2月の売上、80万円いかなかったら即閉店!について

デジラボの2月は本気キャンペーンです。
いままでのオフザケイベントとは一線を画します。

その名も「2月の売上、80万円いかなかったら即閉店!」キャンペーンです。
デジラボの2017年2月の売上が80万円に達しなかった場合、デジラボは閉店いたします!
準備期間など必要ありません。
今まで培ったデジラボの歴史が、濃密に凝縮された1か月になることでしょう。
単純計算で言うと、1日28,572円の売上が必要になります。
特に2月は28日しかないので1年でも一番売上が少なくなる時期です。
そして商売上の閑散期でもあります。
そんな時期ですが、いやそんな時期だからこそ意味があるのです。

さらにイベントは一切行いません。
これまで、ボードゲームや勉強会、飲み会などだったり、配ったり鑑賞会したり、様々なイベントを行ってきました。
それらのデジラボ主催のイベントは完全に実施しません。
もちろん、デジラボ主催以外のイベントは行われるとは思いますが、それはあくまで他の企業様や団体様のイベント。
デジラボが行う主たるイベントは2月は全く無しです!

ただし、料金や営業時間に関しては今まで通りです。
平日は、9:00~22:00。
土日祝日は、10:00~22:00。
休み無し。

ゲスト料金は、1時間216円。
3時間540円。
1日1,080円。

月額会員料金は、公式ホームページを参照してください。

設備に関しても今まで通り。
設備に関しても出来ることが多すぎるので、公式ホームページを見てください。

2014年の12月15日のオープン以来、たくさんのお客様にご利用いただきました。
2年続いたのも、いろいろな方のご協力があってのこと。
そんないろいろな方のご協力に甘えていました。
かな~り甘甘に甘えてました。
そういった方のご協力なしに運営できないほどに。
まるで親のすねをかじっているニートのように。

これではまずいのです!

そこでデジラボは決心します。
単体のビジネスとしては決して成功してるとは言えないコワーキングスペースデジラボが、できるだけ単体で維持できるようにすること。
甘い汁を吸わなくても運営できるようにすること。
すねかじりのニートじゃなく、一人前の社会人として独立すること。
ご協力していただくのではなく、こちらからいろいろなところへ協力できるような余裕と体制を作ること。
コワーキングスペースとしても、松戸の会社としても、売上という分かりやすい実績を残すこと!

もちろん売上を作るために、いろいろな試行錯誤はしてきました。
今までの2年間は全てそのためにあったと言えるほどに。
しかし、オープンから2年が経ち、多くのお客様にご利用いただき、少なくない売上も上げてきましたが、一商業施設として十分と言えるような利益を出すことは出来ませんでした。
このまま将来いつか利益が出るだろうと夢を見つつ、ダラダラと続けることも出来なくはないですが、そうするには時間が経ちすぎました。
時間とお金をいっぱい使ってきました。
ずっと心が折れる一歩手前でした。

それでも、最後のひと踏ん張りを見せてから、心は折れようかと思います。
頑張りきってから、ポッキリ折れます。
それが「2月の売上、80万円いかなかったら即閉店!」の真意なのです。
デジラボが必要な場所なのか、そうじゃないのかは、2月の売上に委ねることにしました。
コワーキングスペースがダメだったのか、デジラボがダメだったのか、松戸がダメだったのか。
全部ダメだったのか。
はたまた他に理由があったのか。
しかし、もう理由を探して改善、善処する時間は終わりです。

2月は現時点のデジラボで、2年磨き上げ続けたデジラボで、過去最高のデジラボで勝負するしかないのです。
言ったからには、二言はありません。

デジラボは、2月の売上、80万円いかなかったら即閉店!

なるべく毎日、売上を公表します。
楽しみにしていてください。
ぼくも楽しみにしています。