奇跡と感謝について

6月になりました。
完全閉店となるはずだった今月ですが、厄年とは思えないような奇跡が起こり、7月以降も継続させていただくことになりました。
今後も末永く、デジラボをよろしくお願い致します。

とはいっても、全く同じ形のまま継続するわけではなくなりました。
何より大きいのが、オーナーの交替です。

コワーキングスペースデジラボは、株式会社デジラボから別の会社へ譲渡することになったのです。
そういう意味では、天宮が運営するコワーキングスペースデジラボは6月までで終了です。
7月以降は、新生コワーキングスペースデジラボが始まるわけです。
という大発表をさらっと、こんなブログで書いちゃうくらい今はようやく落ち着きました。

引き継ぎたいという方が現れた時は、かなり半信半疑でした。
いや、どっちかっていうと、1信9疑くらいでした(笑)
だって、売上がかんばしくなくて閉めちゃう店を、そのまま引き継ぎたいというのですから、そりゃ「マジカヨ」くらい思いますよ。
公式のサイトの方に、しかもトップページの一番最初の一番目立つところに「完全閉店」と銘打って、けっこうすぐに連絡が入ったことを覚えています。
そこから、何度かの打合せを行い、(こんな小さなお店でも決め事いっぱいの)契約書を取り交わし、5月の終わり頃、完全に引き継ぐことが確定いたしました。

僕自身は2014年12月15日から2017年6月30日までの、自分の中では決して短くない2年半ほどをこのお店に奉公してきました。
集客、定着、向上、認知、なんかいろいろ頑張りました。
そんな思いの詰まったお店が無くならなくて本当に良かったです。
本当に本当に良かったです。
引き継いでくれる方には心から感謝しています。

7月以降は、ぼくはお客さんとして利用させてもらおうと考えています。
自分が運営していたお店を、ひとりの利用客として普通に利用できるなんて、よくよく考えたら、それもなかなか出来ない体験ですしね。

奇跡が起きて、ハッピーでラッキーなコワーキングスペースデジラボです。
仕事するなら、こういう強運も欲しい所!
デジラボで仕事すれば、運も味方に出来るかもね。